資格取得を目指す

日本のみならず世界中に多くのヨギーの為の資格取得の講座があります。ステップアップする為に選りすぐりの講座を選びたいと考えてもなかなか決め手が分からないという迷えるヨギーの為にいくつかコースの決め手となるヒントを提案します。内容も目的も異なるコースの中から。まず重要なのは、「講座を受講する目的とは何か」の答えを明確にする必要があります。ヨギーがめざす資格取得講座というのは、主に2つに分かれており、目的も同様に2通りに分けられます。1.ヨガのインストラクターになって職業として指導したい、あるいは指導者として更にステップアップしたい場合、2.ヨギーとしてより深く体系的に学びたい、新たな分野を勉強したい場合、と明確に区分できます。では次に各々の選択基準について考察していきます。現在、ヨガのインストラクター養成講座は、実に多くの場所で様々な内容のヨガインストラクターになる為のコースが存在します。但し、ヨガの指導者には、公認会計士や弁護士、看護市と違い、指導する為に必要な資格というのは存在しません。世界的に知名度の高い全米ヨガアライアンス認定であっても、ヨガを教える為の資格という訳ではないのです。

では、一体何を求めて養成講座を選ぶべきなかというと、体系的に正しい技術と知識をバックグラウンドにして適正の指導を行う事に到達できるコースを選ばなければなりません。単に肩書きだけで「資格」や「認定」を目指しても全く無意味なのです。箔を付ける為に表面的な部分に惹かれてコースを選んでも身に付きません。自分が必要としている内容に準拠した講座を選ぶ事が重要です。例えば、哲学を学ぶ際に使う教則本や、規範とするヨガのベースが何か明確な講座を選ぶべきです。一概には言えませんが、オリジナルのテキストを教本としてまとめている講座は、ある程度信用できます。更に、実技と哲学、生理学、解剖学理論、指導法といった学科に一貫性がある事が大切な選択ポイントです。極端な例えになりますが、クンダリーニヨーガようなパワフルな流派と体に負担をかけないスタイルのヴィンヤサヨーガをまとめているようなばらつきがあるスクールや団体は、組織の規模の大小に関わらず受講は控えるべきです。クリパルヨガ等の哲学的な思索を中心とした分野も同様です。実際に指導している講師のレッスンに感情的な主観を含まず参加する等してみるのも判断材料になります。